ITよろづや

ITから生活の参考になる情報を備忘録代わりに残していきます

ESXiホストのローカルストレージから、Windows Server 2016 NFSにVMをクローンでシンプロビジョニングがオフになる

ESXiホストのローカルストレージから、Windows Server 2016 NFSVMをクローンでシンプロビジョニングがオフになるという事象があります。

 

情報元はこちら。

 

Thin provisioning on Windows Server 2016 NFS Share - VMware Technology Network VMTN

 

以下は質問の抜粋です。

 

Windows Server 2016のNFSシェアでのシンプロビジョニング
皆さん、こんにちは。

ESXiホストのローカルストレージから、Windows Server 2016が提供するNFSシェアにVMをクローンしようとすると、VMDKのシンプロビジョニングがオフになります。NFS 3およびNFS 4.1では、VMDKはNFS共有上でシックプロビジョニングされます。ソースと同じフォーマット」を選んでも「シンプロビジョニング」を選んでも問題ありません。

私は以下を使用しています。

vCenter Version 6.5.0 Build 8815520

互換性のあるVM-バージョン13

ESXi 6.5U2 ビルド 8935087

シン・プロビジョニングがNFS共有で行われている可能性はありますか?

 

Windows Server 2016で構築したNFSサーバに仮想マシンを展開するとシンプロがオフになるということです。

 

 

続いて、回答内容の抜粋です。

 

ホストにVAAI NAS vibがインストールされていない場合(Windows上のNFSの場合はありません)、デフォルトではNFS上にシン・プロビジョニング・ディスクのみが作成されます。どのオプションを選択しても問題ありません。

 

VMwareのストレージとしてサポートされているわけではなさそうですし、機能面で制限があるのかもしれないですね。

 

ロジクール ワイヤレスマウス 無線 薄型 ワイヤレス マウス M557WH Bluetooth 6ボタン M557 ホワイト 国内正規品