ITよろづや

ITの参考になる情報を備忘録代わりに残していきます

Expingのログの自動削除に注意 デフォルトで1000行、最大行数999999999

ネットワークエンジニアのよく使うソフトウェアの一つがExpingになります。前の現場では運用端末に仕込んで監視をしていました。安上りで死活監視ができるので小規模だったらいいかもですね。

 

通常はSNMP監視などをしていると思いますが、その他、障害テストなどにも活躍しますので、サーバ構築などにも便利です。

 

WindowsコマンドプロンプトによるPingのオプションが少ないので、不便なので簡易的な確認はコマンドプロンプトでもいいですが、ログを細かく残したい場合は、Expingが便利です。

 

Expingのダウンロードはこちらから

https://www.vector.co.jp/soft/dl/win95/net/se065510.html

 

ソフト詳細説明
ExPingは複数の端末を対象としてPingを発行できる。フリーのPingClientです。一定時間ごとのPing発行もでき、特定機器の恒常的な監視ができます。
Pingの統計情報もリアルタイムに変動していきます

 

色々と便利なんですが、最初に使う場合には注意が必要ですので、その注意点について紹介します。

 

 

Expingは初期設定だと、ログの自動削除に注意が必要で、デフォルトで1000行となっています。

 

このツールを使い慣れていない方や、ダウンロードしてすぐに使う場合は初期設定で連続Pingが上書きされてしまうので注意が必要です。

 

そして以前、数を増やせるという話を聞いたのですが、最大行数「999999999」まで設定できますが、注意が必要なのが、これ以上の値を入れると「1」になります。

 

また、Ping結果の自動削除のチェックを入れることで削除されなくなります。

f:id:merrywhite:20210410185230j:plain

 

ちなみに、「999999999」はほぼ到達しないとは思いますので、9千万発っておそらくハードディスクがやばくなりそうですが、数時間打ちっぱなしとかは注意してください。

 

URHARBOR(ウルハーバー) 掃除機 サイクロン式 18500Pa 超強吸引力 5重濾過システム スティッククリーナー パイプ伸縮可能 壁掛け 一台五役 ハンディクリーナー コード式 静音 HEPAフィルター 6Mコード付き 多機能ブラシ付き 収納便利 超軽量