ITよろづや

ITから生活の参考になる情報を備忘録代わりに残していきます

髪のパサつき、肌の乾燥はシャンプーや石鹸のせいではなく水道水の塩素が原因

f:id:merrywhite:20201212155928j:plain


最近、色んな人に話をすると「確かに!」と言われる事があります。


それは、髪のパサつき、肌の乾燥などの原因についてです。多くの人は、髪がパサついたり、肌がカサカサになったりした原因を、利用しているシャンプーやコンディショナー、または石鹸、ボディーソープが原因だと考える事があります。


私も、少し前まで気づかなったのですが、髪がパサつくのはシャンプーが合っていない事が原因だと思っていました。

 

もちろん、シャンプー、コンディショナーを変えることで髪質がよくなることはあります。


しかし、過去の記事でも書きましたが、あるきっかけにより、実は水道水が原因であるという事がわかりました。


それに気づいたのは、地元に帰省した際に、髪がサラサラになった事です。最初は、実家のシャンプーがよかったのかと思っていたのですが、関東に戻って同じものを使っても髪質が一向によくならないのです。


そして何度か帰省するときに気づいたのです。


関東の水道水が原因だという事に。。。


よくよく考えたら、地元にいた時は、髪質や肌質をよく褒められたものですが、最近はそれが減っている気がする、、、という事で、シャワー浄水機を結構前から使っているのですが、髪質や肌の状態が全然変わります。


以前は、髪がパサパサだったのに、髪はサラサラになり、肌も潤いを感じるようになります。


関東の水は、地方の水に比べ水が汚れている為、より多くの化学物質が使われます。水道水で有名なのは塩素です。塩素の含有量は、特に規定がない為、水質が悪い関東では、水質がいい地方に比べ、多くの塩素が使われる傾向があります。


その為、地元に帰ると髪質や肌の調子がよくなるのは、この影響が大きいと言えます。


つまり、どんなにいいシャンプーやコンディショナー、石鹸などを使っても、水質を変えなければ、根本原因を変えた事にはならないのです。


また、塩素は気化しやすい為、お風呂のシャワーなどでは、悪影響を与える事はまちがいありません。ちなみに、これは水道水を沸騰させる時もどうようの事が言えるのです。


つまり、可能であれば、シャワーの水だけでなく、台所の蛇口にも浄水器を取り付ける事をお勧めします。


これにより、有害な塩素から体を守る事ができるだけでなく、髪や肌に悪影響の塩素を除く事ができる為、アンチエイジングの効果もだせる為、まさに一石二鳥と言えますね。


浄水機は多少値がはりますし、カートリッジなどを定期的に交換する必要はありますが、長い目で見た時に、必ず健康の為、美容の為に効果がありますので、ぜひ、利用するようにしてみてください。

 

クリンスイ 浄水 シャワー SY102-IV

髪にも肌にもやさしい浄水シャワー
水道水に含まれる残留塩素には殺菌力がある一方で、髪や肌を構成しているタンパク質を酸化させる作用がある。

また温水の場合には、肌の乾燥を早くさせる作用や、肌のバリア機能である脂質を溶かす作用などもある。

シャンプーやリンス、コンディショナー等に気を使うのと同様に、シャワーの水やお湯に気を配ることも大事なヘアケア・スキンケアのひとつ。

浄水シャワークリンスイSY102はヘッド先端のシャワーキャップ部に酸化還元フィルターを内蔵し、残留塩素を除去する。

カートリッジは、水の流れを妨げない素材だから、浄水時でも、シャワーに十分な水量(8L/分)を確保できる。

気持ちの良いシャワーをお楽しみください。

心地よく感じるシャワーの温度は約40℃だが、60℃のお湯までご利用できる。