ITよろづや

ITから生活の参考になる情報を備忘録代わりに残していきます

自転車の当たり屋に絡まれた、遭遇したら示談金でなく警察に連絡


最近、自転車を乗っていると思うのですが、左右をしっかり確認せずに飛び出す車が意外といます。自転車優先なんて思っていると危険な場合があるので注意が必要です。


今回はちょっと違う話ですが、自転車の当たりやがいるそうです。車を運転する人は注意というか、あんまり遭遇することはないと思いますが、仮に運悪く遭遇した場合は、示談金でなく警察に連絡したほうがいいそうです。


元記事はこちら。

自転車の「当たり屋」に絡まれた! 法的な対処法は?


記事では、自転車に乗りながら「当たり屋」行為をして現金をだまし取ったとして、愛知県内の男性が詐欺容疑で11月29日に再逮捕されたことが報じられた内容を紹介しています。


この男性が当事者となっている事故の届け出が70件以上あり、愛知県警は余罪があるとみて調べているそうで、TBSが報じたところによると、男性は11月4日、自宅近くの路上を自転車で走っている際にすれ違う乗用車のサイドミラーにわざと体をあてて事故を装い、示談金として現金1万5000円をだまし取った疑いがあるそうです。2回以上報告があった時点でしっかりと調査をしてほしいですよね。


 

警察に通報しないのは危険だそうです。

 

「まず交通事故が生じた場合、運転者には、道路交通法上、負傷者の救護義務と警察への報告義務があります。仮に当たり屋行為が疑われる場合であっても、警察に通報しなかったり、負傷者がいるのにその場を立ち去ってしまったりすると、報告義務違反・救護義務違反として処罰される場合がありますので、注意が必要です。

むしろ、当たり屋行為が疑われる場合には、警察に通報したほうがよいといえるでしょう。警察に来てもらった方が、当たり屋からの無理な示談金の要求や詐欺・脅迫等を抑止できるからです」


警察に連絡しない理由はないとのことで、基本的には警察に連絡すべきですね。1万5千円くらいなら簡単に済ませたいという人間心理をついたものになりますね。


おそらく警察に連絡しますと言えば、当たりやも面倒になって逃げるのではないでしょうか。また、保険会社も当たり屋のような保険金詐欺事案には注意を払っていますので、詐欺行為が疑われたり、怪我の治療費や車の修理費を過大に要求してきたりする場合には、適切に対処してくれるとあります。


ということで、これは当たり屋かもと思ったら確実に警察に連絡しましょう。それによって早い段階で当たり屋が逮捕されますので被害が少なくなります。