ITよろづや

ITの参考になる情報を備忘録代わりに残していきます

WSUS2012でWIDではなくSQLサーバを選択する判断基準は負荷分散

Windows端末のパッチ管理はWindows Server標準のWSUSを利用するケースが多いと思います。導入もそれほど難しくないので、運用さえのれば、とても便利なサービスです。


そして、WSUSサーバを導入する場合に、データベースを選択することになりますが、無償のWIDではなくSQLサーバを選択する判断基準について、公式サイトの情報があったので紹介します。


例えば、私は仮想化基盤を構築することが多かったですが、無償版のSQLだと色々と成約があって使えないということがありますが、WSUSが使用する無償のデータベースも制約があるので、導入前に事前に確認しておくことが必要です。


そして、参考にした情報がこちら。

https://docs.microsoft.com/en-us/previous-versions/windows/it-pro/windows-server-2012-R2-and-2012/hh852344(v=ws.11)?redirectedfrom=MSDN

 

対象: Windows Server 2012 R2、Windows Server 2012
Windows Server Update Services (WSUS) を展開する最初の手順では、WSUS の展開シナリオの決定、ネットワーク トポロジの選択、システム要件の把握など、重要な決定を行います。 次のチェック リストでは、展開の準備に関連した手順について説明します。

 

WSUSの導入を検討している場合は、こちらのサイトをチェックすれば、色々と勉強になります。 続いて、今回のトピックであるデータベースについての抜粋です。

----
【WSUS データベースの要件】
Microsoft SQL Server の各バージョンに関連付けられているサービス パックに関係なく、WSUS では次のいずれかのデータベースが必要です。
Windows Internal Database (WID)・・・無償
Microsoft SQL Server 2014・・・有償
Microsoft SQL Server 2012・・・有償
Microsoft SQL Server 2008 R2・・・有償
WSUS では、次のエディションの SQL Server がサポートされています。
Enterprise
標準
Express
【重要】
SQL Server Express 2008 R2 では、データベース サイズが 10 GB に制限されています。 このデータベース サイズは WSUS にとって十分であると考えられますが、WID ではなくこのデータベースを使用するほどの利点はありません。 WID データベースの RAM メモリには、標準の Windows Server のシステム要件を超える 2 GB という最小容量要件があります。
----

 

 

無償で使えるデータベースがWindows Internal Database (WID)になりますが、当然ながら制約があります。 それが負荷分散するかしないかです。 まず、負荷分散について書かれている部分の抜粋です。

 

ネットワーク負荷分散
ネットワーク負荷分散 (NLB) を使用すると、WSUS ネットワークの信頼性とパフォーマンスが向上します。 SQL Server 2008 R2 SP1 を実行している 1 つのフェールオーバー クラスターを共有する複数の WSUS サーバーをセットアップできます。 この構成では、WSUS によって提供される Windows Internal Database のインストールではなく、SQL Server の完全インストールを使用する必要があります。また、すべての WSUS フロントエンド サーバーにデータベース ロールをインストールする必要があります。 すべての WSUS サーバーでは、分散ファイル システム (DFS) を使用してコンテンツを保存することもできます。

 

NLB 用の WSUS のセットアップ: NLB 用の WSUS 3.2 のセットアップと比較すると、

 

NLB 用に WSUS を構成するために特別なセットアップの呼び出しとパラメーターは必要ありません。 各 WSUS サーバーのセットアップだけが必要となります。次の考慮事項に留意してください。

 

・WID ではなく SQL データベースのオプションを使用して WSUS をセットアップする必要があります。
・更新プログラムをローカルに保存している場合は、同じ SQL データベースを共有している ・WSUS サーバー間で、同じコンテンツ フォルダーを共有する必要があります。
・WSUS セットアップはシリアルに実行する必要があります。 同じ SQL データベースを共有する場合、ポストインストール タスクを同時に複数のサーバーで実行することはできません。

 

負荷分散ですが、相当大規模であれば、検討してもよいかと思いますが、中小規模の企業であれば、1台構成で、DBもWIDでよいのではないかと思います。 将来的なことも含めて選択すればいいと思います。