ITよろづや

ITの参考になる情報を備忘録代わりに残していきます

teratermの”セッションの複製”は同じ接続先に新しいセッションを開きたい場合に便利

Windows関連の業務をしていると、TeraTermを触る機会が減ってしまいますが、NWエンジニアや開発系のエンジニアはTeraTermを操作する機会が多いと思います。


私も今、ミドル関連の仕事を始めたので、Linuxに接続する為に、TeraTermでの操作は頻繁に行うようになりました。


そこで、試験などで現在接続しているサーバに新しいセッションを複製する場合に便利なのが、”セッションの複製”の機能です。


この機能はTeraTermの標準機能でついているのもうれしい。


例えば、複数のLinuxマシンやネットワーク装置につなげる為のコンソールサーバを用意する場合があると思います。


そこで、セッションの複製を利用すれば、コンソールサーバから別のサーバに接続したい場合など、ログイン手順を省略できますね。


<<セッションの複製の操作>>
①サーバにログインします。
※下記は、検証環境のESXi5.5

f:id:merrywhite:20200725100048j:plain



②「ファイル」⇒「セッションの複製」をクリックします。
「Alt+D」でもOK。

f:id:merrywhite:20200725100102j:plain


SSH認証の画面が表示されますので、次の画面で「続行」をクリック。

f:id:merrywhite:20200725100117j:plain


④別の窓で新しいセッションが開始されました。

f:id:merrywhite:20200725100006j:plain


意外と便利な機能なので、是非、利用してみてください。