ITよろづや

ITから生活の参考になる情報を備忘録代わりに残していきます

下ごしらえ必要なく開けてパッと使えると評判でサバ缶が大人気!

下ごしらえ必要なく開けてパッと使えると評判でサバ缶が大人気だそうです。確かに昔、同僚が鯖缶大好きな人がいた記憶がありますが、好きな人は好きなんでしょうね。


元記事はこちら。

サバ缶が熱い! 売れすぎて悲鳴も 超人気背景は…


記事では、サバの缶詰が生産量でついにツナ缶を逆転、ブームの背景に何があるのだろうかという内容で特集されています。

 

 まるまる1匹こんがり焼き上げられたサバ。7月2日は半夏生。福井では、夏の栄養補給に昔から焼きサバを食べる習慣があるという。

 地元の人:「こういうのを食べて元気になろうかなと」

最近は、魚を食べる人が減っているということで、魚を食べる習慣をつけるのはいいことですね。特にDHAがとれますから。健康にもお肉より魚の方がいいです。

 そんな習慣がない人も2日はサバ缶でどうだろう。豆腐と、ほぐしたサバを混ぜ、みそなどと合わせれば冷汁になる。サバ缶は今、おじさんのおつまみから家族のおかずに変身。都内スーパーの缶詰売り場だ。王者・ツナ缶のすぐ下、ドドンとのさばっているのはサバ缶だ。ちょうどツナの2倍の商品数だ。というのも、この店でもツナよりサバの方がよく売れているからだ。あちこちに積まれたサバ缶。この店舗ではツナの4倍近く売れているという。全国の生産量を見てもツナ缶を抜いて、とうとうサバ缶がトップに躍り出た。人気の理由は、やはり…。

 スーパーの客:「安いしね。みそ汁の具なんです」「下ごしらえ必要ない。開けてパッと使えるのがいい」

サバ缶は今、おじさんのおつまみから家族のおかずに変身しているそうです。手軽に食べれるのは確かに魅力です。特に忙しい主婦にはぴったりですね。

 業務スーパー日野百草園店・小俣真人店長:「時間短縮と100円を下回る値段」

 味も水煮やみそ煮だけではない。極洋ではカレーにトマト味。現在、14種類ある。2日は、簡単にできるレシピを教えてもらった。ゆでたもやしと調味料を入れて、あえればサバ缶ともやしのナムルの出来上がり。ほかにも、これからの時期に食べたいそうめんにサバ缶とめんつゆを合わせてつけ汁にしてもかけてもいいという。

 

長期保存ができるので、買い物に行く必要がないともあります。確かに長期保存できるのも魅力です。このブームに鯖缶レシピを考えてみるのもいいかもしれないですね。