ITよろづや

ITから生活の参考になる情報を備忘録代わりに残していきます

フマキラーの次世代型駆除剤「ゴキブリワンプッシュ」が売れまくりで大人気!

f:id:merrywhite:20200906010602j:plain


これから暖かい季節になってきて、ついにあの恐怖の黒い物体が現れてきます。そう、ゴキブリです。


私は虫が大の苦手なので、ほんとうに嫌な存在で、想像しただけでゾッとしますよね。できれば一生会いたくない存在です。個人的には昆虫自体が苦手で、あのすばしっこい動きもそうですが、黒光りした体も気持ち悪くてしかたがないです。。。


以前、飲食店でラーメンを食べているとゴキブリが出た事があり、一気に食欲がなくなった事があります。私はないですが、人によってはゴキブリが料理の中に入っていたことがあるそうです。想像しただけでゾッとしますね。


余談ですが、以前、インターチェンジでラーメンを食べようとして虫が入っていたことがあります。※ゴキブリではありませんでした。


それをお店の人に言ったら、すぐに対応します!と新しい同じラーメンを持ってきました。この虫がどのタイミングで入ったのかと考えて、そのラーメンを食べるのを止めました。。。


これからゴキブリが大繁殖する時期になります。実は春から活動を始めていて、これから本格的に動き出します。その為、ゴキブリ嫌いの方は、対策をしていたり、ゴキブリ駆除グッズを買いあさっている人もいるのではないでしょうか。


そして、フマキラーの次世代型駆除剤「ゴキブリワンプッシュ」が売れまくりで大人気だそうです。


元ネタはこちら。
次世代ゴキブリ駆除剤、売れてます フマキラー増収増益


記事によると、フマキラーの次世代型駆除剤「ゴキブリワンプッシュ」が売れているそうで、価格は通常より高めの実勢価格1180円(税込み)だが、昨年8月からの販売で出荷量は30万本強。「異例の売れ行き」(同社)とあります。
 燻煙(くんえん)・燻蒸(くんじょう)と殺虫剤の効果を併せ持った駆除剤で、隙間にワンプッシュすると粒子が行き渡り、1・5メートルほどの物陰に潜むゴキブリにも効くという。薬剤から逃げようとゴキブリが物陰からはい出てくる。大下(おおしも)一明社長は「ゴキブリを見たくないという女性も多いが、死んでいるのを見て安心したいという人も65%いる」と話す。

 同社の2017年3月期の売上高は前年比16・7%増の423億円、純利益は同22・7%増の13億円で、5期連続の増収増益だった。

そして、その売れまくっている商品がこちらです。

●世界初のゴキブリ用ワンプッシュ剤。
ワンプッシュで効果が出るので、噴霧量が少なくて済み、床や壁が汚れない。

また、追い出し効果によってゴキブリは外に出てきて死ぬので、効きめがはっきりわかる。くん煙剤のように火災報知機を覆う、食器を片付けるといった面倒な事前準備も不要。


●追い出し効果で隠れたゴキブリもまとめて退治。
すき間に1回シュッとするだけで、ミクロの霧がすき間の奥まで届いて効果を発揮。隠れたゴキブリも逃さない。


●従来品への不満を一気に解決
ベタつく、汚れる、効果がわかりにくい、準備が面倒といった従来品に対する不満点を解消・軽減。


以下はレビューの抜粋ですが、中々効果があるようです。

何度か、リピートしてます。
商品名の通り、ワンプッシュしておくだけでいつの間にかゴキブリが死んでいます。毎日ワンプッシュをせずに、一週間〜に一度ワンプッシュをしておけば良いです。一部屋につきワンプッシュで良いと思います。吸い込むと咳き込んで身体に害もあるので、外出する際にして出かけると良いです。

これはいいですね~。我が家も購入することにします。とにかく私がゴキブリが苦手なので。。。