ITよろづや

ITから生活の参考になる情報を備忘録代わりに残していきます

vsphere、ESXi6.7のストレージ新機能(固定自動UNMAP)について

5月にリリースされたvSphere 6.7と、ストレージ機能のさらなる進化のためのいくつかの新機能と拡張機能が含まれているということで、以下のVMwareのブログより、機械翻訳したものを掲載します。元は英語なので。

 

https://blogs.vmware.com/virtualblocks/2018/04/17/whats-new-vsphere-6-7-core-storage/

 

集中管理された共有ストレージは、HCIとvSANの採用率が非常に高いにもかかわらず、VMwareのインストールで使用される最も一般的なストレージアーキテクチャです。そのため、VMwareはコアストレージと仮想ボリュームの継続的な開発に専念しており、vSphere 6.7のリリースでこれが本当に示しています。6.7バージョンは、vSphereの主要なリリースであり、多くの新機能により顧客エクスペリエンスを強化しています。スペースリサイクルからVVols上のMicrosoft WSFCのサポートまで、このリリースは間違いなく機能豊富です!以下は、vSphere 6.7に含まれているものの概要です。VMwareのストレージおよび可用性に関する技術文書リポジトリの各機能の詳細は、StorageHub。


設定可能な自動UNMAP
自動UNMAPはvSphere 6.5でリリースされました。優先度はnoneまたはlowです。ストレージベンダーと顧客は、固定された25MBpsではなく、より高い設定可能なレートを要求しています。vSphere 6.7では、UIとCLIの両方で100MBps〜2000MBpsの自動UNMAPレートを設定できる新しい方法「固定」を追加しました。

 

SESparseのための UNMAP
SESparseは、VMFS-6のデフォルトとして、vSphereのスナップショットに使用される疎な仮想ディスクフォーマットです。今回のリリースでは、VMFS-6上でSESparseスナップショットを使用してVMの自動領域再利用を提供しています。これは、VMの電源が入っていて、一番上のスナップショットにのみ影響する場合にのみ機能します。

 

4KネイティブHDDのサポート
お客様は、ローカルストレージ用の4Kn HDD(SSDおよびNVMeドライブは現在サポートされていません)を使用してサーバーにESXiを導入することができます。我々は512Bセクタ・ドライブのエミュレーションを可能にするストレージ・スタック内にソフトウェアのリード・モディファイ・ライト層を提供しています。ESXiは512BセクタのVMDKをゲストOSに公開し続けます。UEFI BIOSを持つサーバーは4Knドライブから起動できます。


XCOPYエンハンスメント
XCOPYは、ESXiホストではなくストレージアレイにコピー、複製、ゼロ化などのストレージ集約型操作をオフロードするために使用されます。vSphere 6.7のリリースで、XCOPYは特定のベンダーVAAIプリミティブおよびSCSI T10標準をサポートするベンダーと連携します。さらに、XCOPYセグメントと転送サイズが設定可能になりました。

 

VVolsの機能拡張
VMwareが仮想ボリュームの開発を続けている現在、このリリースでは、IPv6およびSCSI-3永続予約のサポートが追加されました。IPv6のエンドツーエンドサポートにより、政府を含む組織はIPv6を使用してVVolを実装できます。SCSI-3の予約により、この実質的な機能により、ノード/ホスト間の仮想マシン間で共有ディスク/ボリュームが可能になります。多くの場合、Microsoft WSFCクラスタに使用されます。この新しい拡張機能により、RDMの削除が可能になります。

 

LUN /パスの最大数の増加(1K / 4K LUN /パス)
ホストあたりのLUNの最大数は512ではなく1024になり、ホストあたりの最大パス数は2048ではなく4096になりました。PVSCSIアダプタを使用して最大256台のディスクに仮想マシンを展開できるようになりました。各PVSCSIアダプタは、最大64個のデバイスをサポートできます。デバイスは、仮想ディスクまたはRDMでもかまいません。6.7の大きな変更点は、Microsoft WSFCクラスタでサポートされるLUNの数の増加です。この数は、15台のディスクからアダプタあたり64台のディスク(PVSCSIのみ)に増加しました。これにより、MICROSOFT WSFCを実行しているVMが使用可能なLUNの数が45から192のLUNに変更されます。

 

VMFS-3 EOL
vSphere 6.7以降、VMFS-3はサポートされなくなります。VMFS-3を使用しているボリューム/データストアは、インストール時またはvSphere 6.7へのアップグレード時に自動的にVMFS-5にアップグレードされます。今後作成される新しいボリューム/データストアでは、VMFS-6がデフォルトとして使用されます。

 

PMEM / NVDIMMのサポート
パーシステントメモリまたはPMemは、DRAMの速度を持ちながらパワーサイクルを通して内容を保持する一種の不揮発性DRAM(NVDIMM)です。これはNANDフラッシュとDRAMの間に位置する新しいレイヤーで、高速なパフォーマンスを提供し、不揮発性のリンク解除DRAMです。

 

インテルVMD(ボリューム管理デバイス
vSphere 6.7では、NMVeドライブの管理を可能にするIntel VMDテクノロジがネイティブでサポートされています。このテクノロジは、vSphere 6.5にインストール可能なオプションとして導入されました。インテルVMDは現在、ホットスワップ管理、NVMeドライブ、LED制御を可能にし、SASおよびSATAドライブに同様の制御を可能にします。

 

RDMA(リモートダイレクトメモリアクセス)over Converged Ethernet(RoCE)
このリリースでは、ESXiホスト用のRoCE v2サポートを使用するRDMAが導入されています。RDMAは、レイテンシが低く、エンドポイント間のCPUオフロードによるスループットの高いスループットを提供します。ホストにRoCE対応ネットワークアダプタがある場合、この機能は自動的に有効になります。

 

パラ仮想化RDMA(PV-RDMA)
このリリースでは、ESXiはRoCE v2をサポートするLinuxゲストOS用のPV-RDMAを導入しました。PV-RDMAを使用すると、仮想化環境でRDMA対応アプリケーションを実行できます。PV-RDMA対応VMもライブマイグレーションできます。

 

iSER(RDMAのiSCSI拡張)
お客様は、iSERターゲットをサポートする外部ストレージシステムを備えたESXiを導入することができます。iSERは、RDMA over Converged Ethernet(RoCE)を使用して、より高速なインターコネクトとCPUオフロードを利用します。ESXiストレージスタックをiSER対応のターゲットストレージシステムに接続できるiSERイニシエータ機能を提供しています。

 

SW-FCoE(ソフトウェア・ファイバー・チャネル・オーバー・イーサネット
このリリースでは、ESXiはイーサネットコントローラを介してFCoE接続を作成できるソフトウェアベースのFCoE(SW-FCoE)イニシエータを導入しています。VMware FCoEイニシエータは、プライオリティベースのフロー制御(PFC)を使用するロスレスイーサネットファブリックで動作します。ファブリックとVN2VNモードで動作します。してくださいチェック VMware互換性ガイドサポートNICの(VCG)を。