ITよろづや

ITの参考になる情報を備忘録代わりに残していきます

Windows7,8でiBUFFALOのBSUSRC06 USBシリアルドライバが認識しない対処法

久しぶりにネットワークチームに配属されて、普通にネットワークの仕事をすることになりそうです。ここ数年、サーバー作業が多かったので、とても新鮮です。


ネットワーク機器を全く触らなかったわけではありませんが、シリアルケーブル接続するのも久しぶりです。


ちなみに、以前の職場はシリアルケーブルを用意してくれたんですが、今回は、自分で準備することに。


そして、思い出したのが、64bit版のWindows7で使えないUSBシリアルケーブルの存在。ただ、時間がかなり経過したので、今は普通に売っているみたいで、最初に購入を検討したのがiBUFFALOのBSUSRC06 USBシリアルケーブルです。


●USBコネクタをシリアルコネクタに変換し、RS232C周辺機器を接続するケーブル
●幅広いOSに対応
●特定有害物質使用制限指令「RoHS指令」に準拠
■対応機種:USBポートを装備し、Windows 7(32bit/64bit) / Vista(32bit/64bit) / XP / 2000 / Me / 98SE
がプリインストールされているDOS/Vパソコン
■対応OS:Windows 7(32bit/64bit) / Vista(32bit/64bit) / XP / 2000 / Me / 98SE
■インターフェース:USB 2.0/1.1



ちなみに、、、これがWindows7,8でドライバが認識されないという問題があるようで、購入しようと調べていたら、意外とヒットしました。


ただ、解決方法がないわけではなく、公式サイトに説明がありました。


Q:
【詳細】
・USBシリアルケーブルのドライバーがインストールできない
【対象製品】
SRC06USB、BSUSRC0605BS、BSUSRC0610BS、BSUSRC06SV

 

A:
Windows 7/8 で本製品をパソコンに接続しても自動でドライバーがインストールされない場合や
下記のようなメッセージが表示される場合はドライバーのインストールを行って下さい。

 

【手順】
①下記ページよりドライバーをダウンロードし、実行してデスクトップなどに保存して下さい。



②デバイスマネージャーを表示し[!]マークなどが表示されている「USB HS SERIAL CONVERTER」を右クリックし、[ドライバーソフトウェアの更新]をクリックして下さい。

 

③次の画面で、「コンピューターを参照してドライバーソフトウェアを検索します」をクリックします。

 

④ ①で保存した「src06us-282」というフォルダ内の「XP 32bit_2000」を参照していることを確認し、「次へ」をクリックします。

 

⑤ドライバーのインストールは完了です。
※「インストールできませんでした」というメッセージが表示された場合は、上記の作業をもう一度繰り返して下さい。


ちなみに、Windows10の場合は、、、インストールが簡単みたいです。
公式ページの説明に有りましたが、windows10の場合、付属CDは使わずUSBに繋げば自動的にUSBシリアルポートとして認識します。
後は、デバイスマネージャを開いて、ポートのプロパティから、COMの設定などすればOKです。 
 
後、商品によってはインターネットに接続できてwindows updateができる状態でドライバをインストールしてくださいというものもありました。
 


意外とはまりそうなポイントなので、注意が必要ですね。