ITよろづや

ITの参考になる情報を備忘録代わりに残していきます

LinuCを安く受験する方法!高いベンダ資格代を節約してお得に利用

私はLPICLevel3まで取得しましたが、LPICの資格名が「Linux技術者認定試験 LinuC」になりました。


このテストが生まれた理由として、LPICの試験問題を暗記により会場の外に持ち出させて、インターネット経由で売りさばく「ブレインダンプ」と呼ばれる手口でで、行っていたのは海外の違法業者で外国語の試験ですが、もちろん日本からも販売サイトに購入できましたが、これを変えたいということで、暗記ベースのものから変わったそうです。


そして、リナックがこれまでと同様にLevel3まであります。これからの資格を取得することが企業にとってメリットがあるケースがあり、資格を取得するように会社から言われることが多いです。


また、資格代ですが、会社によってインセンティブが異なると思います。最初にいた会社は、資格の受験代(1回分)だけ補償されていました。今は、資格のグレードによっていくらかインセンティブが出るので、以前よりはモチベーションがあがりますね。


しかし、私が所属した多くの派遣会社では、一度だけ受験料がでますが、後は実費というパターンが多かったです。その為、一度合格に失敗すると、高額な資格代が重荷になるパターンが多いのです。


そこで、少しでも安くLinuCを受講できる方法を紹介します。


Ping-tを利用する

Ping-tでは、LinuCの受験チケット(バウチャー)を、登録ユーザ向けに格安(割引)価格での販売を開始しました。

受験料を少しでも抑える為に利用できちゃいます♪


 ⇒Ping-tでLinuC受験チケット(バウチャー) 割引価格で購入


LinuC-1/LinuC-2専用チケット
定価:15,000円(税込 16,200円) Ping-t販売価格:14,000円(税込 15,120円)
定価との差額:-1,080円
対象試験(4つ):LinuC Lv1 101/102 & LinuC Lv2 201/202
 
LinuC-3専用チケット
定価:30,000円(税込 32,400円) Ping-t販売価格:28,000円(税込 30,240円)
定価との差額:-2,160円
対象試験(3つ):LinuC Lv3 300/303/304
 
有効期限
チケットの有効期限は半年以上です。ご購入のタイミングによって多少変わります。
実際の期限はお申込みページでご確認ください。



お得ですが、会社に領収書を発行する場合に、個人がお得に利用できない場合もありますので、利用は注意ですね。また、フリーランスの方は自腹になると思いますので、確実に利用した方がお得です。


会社が購入方法とかを特に指定していなければこの方法で受験することでお得にリナックが住建できます。

楽天で受験チケットを購入する

価格は変わらいのですが、楽天ポイントが貯まるのでお得です。さらに楽天クレジットカード決済すれば、購入金額の2%バックされますので、さらにお得です!

試験番号 試験名
101-400 LinuC-1 101試験、バージョン4.0
102-400 LinuC-1 102試験、バージョン4.0
201-450 LinuC-2 201試験、バージョン4.5
202-450 LinuC-2 202試験、バージョン4.5

 

試験番号 試験名
300-100 LinuC-3 300試験、バージョン1.0
303-200 LinuC-3 303試験、バージョン2.0
304-200 LinuC-3 304試験、バージョン2.0
※本チケットは、LPI試験には利用できません

 

そして、いつも紹介しているポイントサイトのハピタスを利用すれば、購入器楽の1%が別でバックされますので、実質、購入金額の3%がポイントバックされます。つまり、リナックレベル3だと、約900円ほどお得になりますね♪


ハピタス未登録の方はこちらから↓
※登録・利用は完全無料!
日々の生活にhappyをプラスする|ハピタス


この方法だと、支払額自体は変わらないので、ポイント分が単純にお得ですね~!

 
ITの資格取得は、書籍代、ネット問題集代など、エンジニアへの負荷が高いので、少しでもお得に利用して、節約していきましょう!