ITよろづや

ITの参考になる情報を備忘録代わりに残していきます

ダウンロードセンターでWindows7のEnterprise, N, K,KNの機能の違いについて

ダウンロードセンターでWindows7のisoイメージをダウンロードしようとしたら、色んな種類があって、何これってという事になりました。


エディションに、Windows 7 Enterprise (N, K, KN)があります。これのどれをダウンロードしたらいいいの?って思うと思います。


こちらのエディションの情報はマイクロソフトから提供されています。サイトの情報だけみたら分かりにくいんですよね。

 'N'、'K'、および 'KN' は、一部の市場で販売される特別なエディションです。また、Windows 7 Starter エディションは、最大ハードウェア仕様に適合した PC でのみ提供されます。Windows 7 Home Basic エディションは、特定の市場でのみ提供されます。



要は'N'、'K'、および 'KN' は特別なエディションみたいです。


詳細は以下のマイクロソフトの公式サイトをチェックしてみてください。

>>N の Windows 7 と Windows 7 KN の Windows のメディアの機能パックの説明


要はエディションによって、Windows Media Playerメッセンジャーが削除されています。


ちなみに、このエディションが用意された理由がwikiに記載されています。

>>Microsoft Windows XP(wiki)


【市場限定版】
●Starter Edition
開発途上国向けのエディションで、日本語版は提供されていない。対象国は低国民所得がゆえに海賊版が横行しており、その対抗策として廉価で提供されている。

主要エディションに比して廉価で提供している理由として、同時に開けるウィンドウ数が3つまでであることや、画面解像度がSVGA(800×600)までであること、ネットワーク共有機能の制限やマルチアカウントが使用できないなどの大幅な制限が加えられている。

Home Editionなどへのアップグレードは提供されていない。ポルトガル語(ブラジル)、タイ語などの言語版をはじめ複数のローカライズ版がリリースされており、それぞれ異なった壁紙やスクリーン セーバーなどが収録されている。
●Edition N
マイクロソフト欧州連合における競争法違反事件」も参照
欧州委員会の要求を受けて用意されたエディション。Home EditionとProfessionalからWindows Media Playerが除かれている。

主要エディションはメディアプレーヤーに関する消費者の選択権を狭めるとして、競争法違反に問われたため。
●Edition KおよびEdition KN
韓国公正取引委員会の要求を受けて用意されたエディション。KはHome EditionとProfessionalに他社製インスタント メッセンジャーへのリンクを追加したもの。

KNはHome Edition KとProfessional KからWindows Media PlayerおよびWindows Messengerが除かれているもの。

欧州連合域内におけるメディア プレーヤーに加えて、インスタント メッセンジャーについても消費者の選択権を狭めるとして、独占禁止法違反に問われたため。


Windows Media Playerメッセンジャーを使わなければいいと思いますが、特別なエディションをインストールする必要はないかなと思いますね。