ITよろづや

ITから生活の参考になる情報を備忘録代わりに残していきます

オシャレなブック型水筒「memobottle」がかっこいい!カバンに入れても邪魔にならない

普段、サラリーマンの方で節約の為に、会社にマイボトルを持って行っているという人は結構いると思います。


だいたい、ボトルの形状は筒型のボトルが一般的だと思います。というか、それ以外の形状のボトルってあるの?って感じですよね。


最近知ったのですが、すごくオシャレな水筒があるんです。


それがこちら、ブック型の水筒「memobottle(メモボトル)」です。

f:id:merrywhite:20210318051827j:plain

【商品の説明】
サイズ:A4
一般的に水筒といえば円筒型であることが多いものですが、「memobottle(メモボトル)」はノートのような四角形の形状を持つ水筒です。持ち運びに便利なMINIサイズが用意されており、地球環境に配慮したリユースをコンセプトにデザインされています。

このmemobottleが開発された狙いは、大量に生産されて廃棄される使い捨てボトルの無駄をなくすため。昨年1年間で、世界中で500億本もの使い捨てボトルが販売されました。また、アメリカ国内では1秒間で1500本もの使い捨てボトルが捨てられているという現実があります。

また、これらのボトルを作り出すための石油やエネルギー資源を考慮すると、地球環境に与える影響は大きいといえます。このような無駄をなくすためにmemobottleは開発されたそうです。

なるほど、この形状があったか!と思わせるナイスなデザインですよね。


 
そして、このデザインの最大のメリットは、カバンの中に入れても邪魔にならずにすっと入る事です。水筒って円形なので、無駄にスペースをとってカバンが膨らむ事があるんですが、これだと膨らむ必要がないのがいいですね。

f:id:merrywhite:20210318051846j:plain



後、サイズも色々とあって、ポケットに入るサイズもあって、財布代わりにポケットにいれるなんて事もできます。


デザインがカッコいい事もあって、今、人気が出ている水筒なんだそうです。アイデアはすごくいいのですが、唯一きになるのが、保温性ですかね。


魔法瓶のようにある程度、保温性があれば、間違いなく購入しようかなぁと思いますので、この形状を活用してい、日本の企業で薄型の水筒を作ってくれれば、間違いなく買いますね。


特に外回りの営業などの仕事をしている人で、すっとカバンから水筒を出せるのはかなりオシャレでかっこいいのではないでしょうか。


気になる方は、是非、チェックしてみてください。