ITよろづや

ITから生活の参考になる情報を備忘録代わりに残していきます

SEとして地方で活躍する為に東京で5年は必死で働いてみる

f:id:merrywhite:20200824075101j:plain


福岡に移住して感じた事ですが、地方にも仕事は全然ありますね。


私はインフラエンジニアをしているのですが、終業してみて思ったのは、意外と仕事があるという事です。


今、少子高齢化の影響で、若い働き手が減少しています。その為、今後は新卒の取り合いが激化していくと想定されます。


その中で、やはり重要な役割を果たすのが社会人経験者です。


人口が減少しているわけですから、各企業も有能な人材を欲しがっているわけです。人材一つで、仕事の利益は大きく変わるので、優秀な人材の確保は非常に大切になってきます。


そして、地方でもやはり、有能な人材を欲しがっている企業はたくさんあります。


ただ、いい人材は中々、市場に残っていません。


以前勤めた派遣会社においても、面接してもほぼ、いい人材は面接に来ないといっていました。


こういった話を聞くと、Uターン転職を考えているキャリア組は逆にチャンスだと思います。


実際に私もそうですが、関東で大きな、難しい仕事を経験してキャリアを積んでいる人は、地方にUターンした時に、貴重な人材として欲しがられます。


その為、ある程度、都会で仕事のキャリアを積んでUターンするのも一つの考え方だと思います。


ただ、地方は東京と考え方が異なる部分もあり、年齢を重ねすぎると、転職活動が難しくなる場合もあります。


その為、30代前後には、地方で働くのか、都心で働き続けるのかの方向性を考えた方がいいと思います。


ITエンジニアで言えば、都会で5年以上難度の高い仕事をして地方に戻れば、かなり有能な人材として扱われるのではないかと思います。


私も東京で2年くらい働いてから、広島に戻って仕事をした事がありますが、おかげで色々と実績を上げる事ができました。


おそらく、地方で働き続けても中々キャリアアップのチャンスがない可能性もあるので、キャリアアップの為に上京するのも一つです。


ただし、東京は仕事が多かったり、規模が大きかったりする分、仕事が細分化されている事が多いです。


その為、明確なキャリアプランを持っていないと、いつまで経ってもオペレーターの仕事をしているという人がいるのも現実です。


その為、地方に限らず、都心でも自分自身で明確なキャリアプランを持つ事が重要です。


また、地方には都心の仕事にはないメリットもあるので、東京出身者の方がそのまま、地方が気に入って、地方で働き続けているという人もいます。


どちらが合っているかは、自分の性格などもあると思いますが、地方出身者でUターン転職を考えている方や、地方出身者でキャリアアップを考えている方は、20代の早い段階で戦略を練った方がいいです。


人生は一度しかないので、自分のやりたい事を実現できるものにしたいですね!

 

マイナビエージェントへのアクセスはこちらから↓