ITよろづや

ITから生活の参考になる情報を備忘録代わりに残していきます

薬局でアドバイスされたケナログよりも口内炎に効果のある”トラフル軟膏”

最近、飲んだ後に下唇を噛んでしまい、しかも次の日、同じところを2度噛んでしまいました。私は比較的、口内炎ができやすく、口の中を噛むとほぼ、口内炎になってしまいます。


酷い時は、口の中に3か所口内炎が出来た事があります。口内炎ができると、美味しい食事も痛みのせいで楽しめなくなるので、最悪ですよね。。。


気付いたら、いつも利用している口内炎の塗り薬”ケナログ”がなくなっていたので、薬局に行きました。薬局で「口内炎が出来て・・・」という話をしたら、2つ商品を紹介してくれました。


一つは、いつも利用するケナログ、そして、もう一つが「コジハル、トラフル」のCMで有名な、”トラフル軟膏”です。


お店の説明だと、ケナログは自然治癒で治して、”トラフル軟膏”は、薬自体に治癒する効果があると言われました。


ケナログステロイドが入っているので、あまり頻繁に利用するのは嫌だったので、”トラフル軟膏”を使用する事にしました。


こちらが、購入した”トラフル軟膏”です。

f:id:merrywhite:20201231094336j:plain



抗炎症成分、組織修復成分、殺菌成分があるそうです。

f:id:merrywhite:20201231094423j:plain


こちらが開封したところ。

f:id:merrywhite:20201231094437j:plain



中身は薄い青色です。

f:id:merrywhite:20201231094449j:plain



利用してみた所、塗ったところが少しヒリヒリします。しかし、想像以上に効果があると感じました。


口内炎ができたら、ケナログを使っても1週間は治らないのですが、4日程度で炎症している箇所が、完治はしていませんが治まってきました。


確かに、修復効果があるのでしょうか。かなり治癒効果があると思いました。


口内炎は普段の食生活の楽しみを妨害してきますから、早く治るに越したことはありません。口内炎ができる理由は、ストレスや、偏った食生活などが言われますが、ふとした時に、口の中を噛んでもできる事があります。


一度できてしまった口内炎は、中々治らないと思いますので、口内炎ができやすい方は、是非、試してみてください。

 

 



商品説明
「トラフル軟膏 6g」は、口内炎・舌炎を塗って治す口内炎治療薬です。抗炎症成分、組織修復成分、殺菌成分をトリプル配合。患部に直接作用して炎症や痛み、はれをしずめ、口内炎・舌炎を治すお薬です。医薬品。
トラフル軟膏の特徴
●炎症をおさえ、痛み・はれをしずめる抗炎症成分「アズレンスルホン酸ナトリウム水和物」と「グリチルレチン酸」を配合。
●傷ついた口内の粘膜修復を助ける組織修復成分「アラントイン」を配合。
●患部を清潔な環境にする殺菌成分「セチルピリジニウム塩化物水和物」を配合。
●患部にしっかり付着する軟膏タイプ。有効成分が浸透して、すぐれた効き目を発揮します。
 
(こんな口内トラブルありませんか)
●しみて美味しく食事がとれない
●痛くてしゃべるのがつらい
●気になって仕事に集中できない。