ITよろづや

ITから生活の参考になる情報を備忘録代わりに残していきます

Windows Server 2012 R2 FTPサーバーの構築手順

Windows Server 2012 R2にFTPサーバーの構築手順を紹介します。


ちなみに、FTPサーバを構築するにあたり、細かいパラメータが設定できますので、詳細は以下のマイクロソフトの公式サイトを参照してください。

>>IIS での FTP サイトの構築(マイクロソフト)


以下の手順はIISインストール後に実施しています。IISのインストール手順は以下を参考にしてください。

>>WindowsServer2012R2にIIS(webサーバ)をインストールする


FTPサービスのインストール】

「スタート」 画面で 「サーバー マネージャー」 を起動します。続いて、「役割と機能の追加」 をクリックします。

「サーバーの役割の選択」 画面で 「Web サーバー (IIS)」 ノードを展開します。

f:id:merrywhite:20210317042755j:plain

 

 

FTP サービス」 チェック ボックスにチェックを入れ、「次へ」 をクリックします。

f:id:merrywhite:20210317042818j:plain



続いて、「次へ」 をクリックします。

f:id:merrywhite:20210317042901j:plain

 

機能の選択画面で、「次へ」をクリックします。

f:id:merrywhite:20210317042925j:plain



「必要に応じて対象サーバーを自動的に再起動する」にチェックを入れます。※チェックは入れても、入れなくてもどちらでもOKです。再起動不要の場合は、当然、再起動されません。

f:id:merrywhite:20210317042954j:plain



「はい」をクリックします。

f:id:merrywhite:20210317043040j:plain



「インストール オプションの確認」 画面で、「インストール」 をクリックします。

f:id:merrywhite:20210317043103j:plain



FTPサービスのインストールが開始されます。

f:id:merrywhite:20210317043130j:plain



FTPサイトの追加手順】
インストール完了後、スタートメニューから「インターネット インフォメーション サービス」を起動します。

f:id:merrywhite:20210317043153j:plain



「インターネット インフォメーション サービス(IIS) マネージャー」が起動します。

f:id:merrywhite:20210317043227j:plain



「接続」画面でサーバーノードを展開し、「サイト」をクリックします。「操作」画面で 「FTP サイトの追加」 をクリックします。

f:id:merrywhite:20210317043329j:plain

 
「サイト情報」画面が開きます。

f:id:merrywhite:20210317043406j:plain



FTPサイト名」を入力し、コンテンツディレクトリを指定し、「次へ」をクリックします。
※今回はCドライブ直下に「ftp」フォルダを作成しています。

f:id:merrywhite:20210317043440j:plain


 
以下の画面が表示されますが、このまま「次へ」 をクリックすると以下の画面が表示されます。

f:id:merrywhite:20210317043619j:plain


FTPサイトの追加で、SSLは証明書が必要ですと表示されます。

f:id:merrywhite:20210317043935j:plain



今回は、SSLなしで進みます。「SSL」で「無し」にチェックを入れ、「次へ」をクリックします。

f:id:merrywhite:20210317043956j:plain


 
「認証」画面で認証方法または使用する方法を選択します。今回は、「基本」にチェックを入れます。

f:id:merrywhite:20210317044020j:plain

 
「匿名」: ユーザー名 anonymous または ftp だけを提供して、すべてのユーザーにコンテンツへのアクセスを許可します(すべてではないにしてもほとんどの FTP クライアントでは、ユーザー名が自動的に入力されます)。

「基本」: コンテンツにアクセスするには、有効なユーザー名とパスワードを提供する必要があります。基本認証では、暗号化されていないパスワードがネットワークを経由して転送されるため、この認証方法は、クライアントと FTP サーバー間の接続が安全であることが判明している場合 (Secure Sockets Layer (SSL) を使用している場合など) にだけ使用します。
 

続いて、「承認」の「アクセスを許可」の一覧から、今回は「すべてのユーザー」を選択します。

f:id:merrywhite:20210317044154j:plain

「すべてのユーザー」: すべてのユーザーは匿名であるか、識別されているかどうかにかかわらず、コンテンツにアクセスできます。

「匿名ユーザー」: 匿名ユーザーはコンテンツにアクセスできます。

「指定された役割またはユーザー グループ」: 特定の役割またはユーザー グループのメンバーだけがコンテンツにアクセスできます。対応するボックスに役割またはユーザー グループを入力します。

「指定されたユーザー」: 指定されたユーザーだけが、コンテンツにアクセスできます。対応するボックスに、ユーザー名を入力します。

 


「アクセスを許可」一覧からオプションを選択した場合、今回は「読み取り」「書き込み」にチェックを入れ「終了」をクリックします。

f:id:merrywhite:20210317044217j:plain

 
「読み取り」: 承認されているユーザーは、ディレクトリからコンテンツを読み取ることができます。

「書き込み」: 承認されているユーザーは、ディレクトリに書き込むことができます。


サイトに作成したFTPサイトが表示されます。

f:id:merrywhite:20210317044238j:plain



テストでローカルホストに接続します。

>ftp localhost
ユーザー:administrator
パスワード:XXXXX

f:id:merrywhite:20210317044315j:plain



試しにデスクトップに作成したテキストファイル「test.txt」をFTPサーバの対象のディレクトリに配置してみます。

>put <ディレクトリ\ファイル名>

f:id:merrywhite:20210317044327j:plain



対象のディレクトリにputしたファイルが表示されていることを確認します。

f:id:merrywhite:20210317044339j:plain


以上でFTPサイトの作成および、簡易の動作確認は完了です。セキュリティを強くしたい場合は、ユーザー制御などをすればよいかと思います。