ITよろづや

ITから生活の参考になる情報を備忘録代わりに残していきます

VMware環境でWindowsNTの仮想マシンが動作するVMwareTools(winPre2k.iso)

会社のシステムによってはいまだにサポートの切れたWindows Server 2000やWindowsNTが稼働している企業があるのではないでしょうか。


以前、仕事をした企業も、Windows 2003 Serverが起動しなくなって困っているという話がありました。


そして、物理マシンの場合は復旧が難しい場合がありますが、仮想マシンの場合は、いまだに延命して稼働しているケースもあります。


そこで、VMware環境でWindowsNT仮想マシンが動作させるには、VMwareToolsにwinPre2k.isoを使用するといいそうです。

VMware Tools 10.0.12 リリース ノート


以下は抜粋です。

------------

新機能
VMware Tools は、仮想マシンのゲスト オペレーティング システムのパフォーマンスを強化し、仮想マシンの管理を拡張するユーティリティ一式です。

 

VMware Tools のライフサイクル管理:VMware Tools 10.0.12 は、レガシー ゲスト OS のサポートを凍結します。凍結された ISO イメージは、http://my.vmware.com からダウンロードできます。 これらの ISO イメージは、tools-light VIB では ESXi と合わせて提供されません。VMware Tools 10.1.0 は、最新のゲスト OS に対応します。VMware Tools 10.0.12 は、レガシー ゲスト OS に対応します。

 

VMware Tools 10.0.12 におけるゲスト OS のサポート
VMware Tools バージョン 10.0.12 では、次のゲスト OS がサポートされます。
winPreVista.iso:Windows 2000Windows XP、および Windows Server 2003 をサポートします。
linuxPreGLibc25.iso:Red Hat Enterprise Linux (RHEL) 5、SUSE Linux Enterprise Server (SLES) 11、および Ubuntu 7.04 より前のバージョンの Linux ゲスト OS と、バージョン 2.5 より前の glibc を使うその他のディストリビューションLinux ゲスト OS をサポートします。
darwinPre15.iso:Mac OS X バージョン 10.10.x 以降をサポートします。
VMware Tools 7.7.0 は、すでに凍結された次のゲスト OS をサポートします。
winPre2k.iso:Windows 2000 より前のバージョンをサポートします。
VMware Tools 8.1.0 は、すでに凍結された次のゲスト OS をサポートします。
netware.iso:NetWare ゲスト OS をサポートします。

------------


「winPre2k.iso:Windows 2000 より前のバージョンをサポートします。」とのことで、WindowsNTでも利用できます。


いまだに稼働している企業は少ないと思いますが、参考にしてみてください。