ITよろづや

ITの参考になる情報を備忘録代わりに残していきます

vSphere6.5でvSphereWebClientはクライアント統合プラグインは不要に!

久しぶりに構築現場に戻ってきました。やっぱりシステム構築は色々と経験になるので楽しいですね。仕事は自分が好きな、得意な分野を選んだほうが圧倒的に楽しめます。


そして、久しぶりに仮想化基盤を構築しているのですが、VMwareの環境も色々と変わっています。vCenterサーバはアプライアンスが当たり前になってきていて、導入がものすごく簡単になりました。Windowsサーバで導入するコストがかからなくなり、色々と改善されています。


現状、構築しているバージョンはESXi6.5ですが、vSphere6.5でvSphereWebClientはクライアント統合プラグインは不要になりました。実際に、vSphereWebClientでvCenterサーバに接続しても、ログイン画面に統合プラグインのインストールは表示されません。


公式サイトにもそのことが書かれています。

vSphere Client (HTML5) と vSphere Web Client 6.5 の FAQ (2148759)


まず重要なポイント。

vSphere 6.5 のクライアントにはどのような新機能がありますか。

 

2016 年 5 月に VMware は、レガシーの C# クライアント(シック クライアント、デスクトップ クライアント、vSphere Client ともいう)が vSphere 6.5 リリースで使用できなくなることを発表しました。詳細については、「Goodbye vSphere Client for Windows (C#) – Hello HTML5」を参照してください。
vSphere Web Client (Flash/Flex クライアント)が、すべての機能やプラグインとともに vCenter Server 6.5 環境を管理するクライアントとなります。このリリースで、VMware は大幅なパフォーマンスの改良と一部のユーザー エクスペリエンスの向上を行って、このクライアントの機能性が向上されます。VMware では、これまでのいくつかのリリースで、レガシーの C# クライアントからの移行を進めてきました。vSphere 6.0 に対して行なわれた最近の更新で、VMware は引き続き、機能を vSphere Web Client (Update Manager など)に移動しています。そのため、レガシーの C# クライアントはまったく実行する必要がなくなりました。また、このリリースで、HTML5 バージョンの vSphere Web Client がリリースされ、その名称は vSphere Client といいます。このクライアントは、vSphere Web Client で使用可能な機能のサブセットを備えています。


レガシーのvSphereClientが廃止になり、新しいHTML5のvSphere Clientが利用できるようになりました。ただ、開発途中なのか、一部機能しか使えません。ただ、インターフェースもいいし、動作も速いので、いずれ、完全に移行していくでしょう。


なぜなら、Flashを使うシステムが激減しているからです。セキュリティ的にも問題が起こりますからね。

クライアント統合プラグイン (CIP) はどうなりますか。 

vSphere 6.5 で、vSphere Web Client は、クライアント統合プラグイン(現在存在するとおり)にまったく依存しなくなります。[Windows セッションの認証情報を使用する] 機能については、スリム化した拡張認証プラグインが必要ですが、その他の機能(ファイルのアップロード/ダウンロード、OVA/OVF の展開)は CIP なしにレプリケートされます。

そして、実際の画面でも表示されていましたが、統合プラグインは不要となったようです。とりあえず、今は、vSphere Web Clientでの操作になると思います。ただ、今もブラウザによって動作が不安定になるので、バージョン選定、ブラウザ選定には時間をかけたほうがいいでしょうね。