ITよろづや

ITから生活の参考になる情報を備忘録代わりに残していきます

Windows7 Wi-Fiルーターに接続しているパソコンのインターネット接続を共有する方法

インターネットに接続できるパソコンがあって、その他のインターネットに接続できないパソコンを同時にインターネット回線させる方法があります。


この方法は意外と便利で、例えば、会社の仕事でモバイルWi-Fiが一つだけあって、端末が2台ある場合に、どちらもインターネット接続させたい場合などで活用できます。


この方法を知らない場合、自分のスマホテザリングしてわざわざインターネットに接続している人がいましたが、スマホって通信上限ありますし、仕事でテザリングを利用するとすぐに容量を使い切ってしまいますから、あまり個人スマホテザリングをするのはお勧めしません。


では、インターネット接続を共有する手順を紹介します。


【インターネット接続を共有する手順】
※手順はwinodws7です。

①「ネットワークと共有センター」を開きます。
②「アダプターの設定変更」をクリックします。
③インターネットに接続しているネットワーク接続を右クリックして、「プロパティ」をクリックします。
④「共有」タブをクリックします。
⑤「インターネット接続の共有」下にある「ネットワークのほかのユーザーに、このコンピューターのインターネット接続をとおしての接続を許可する」にチェックを入れます。
⑥続いて、「ホームネットワーク接続」のプルダウンで別のパソコンを接続させるネットワーク接続を選択して、「OK」をクリックします。
⑦後は、有線ネットワークであれば、パソコンとパソコンをLANケーブルでつなげればインターネット接続する事ができます。


この際、インターネットに接続していないパソコンはDHCPに設定しておきます。


LANケーブルがない場合は、この設定を活用すれば無線でも接続することができます。


外出先などで、インターネット接続ができる端末が限られている場合などに、ネット接続をしたい端末が複数ある場合に活用してみてください。