ITよろづや

ITから生活の参考になる情報を備忘録代わりに残していきます

イケメンではないのに普通の顔でもモテる男性の特徴3つが参考になる!

f:id:merrywhite:20220325095122j:plain


あまりモテない男性なら誰もがイケメンになりたいと思いますよね。イケメンは美女と一緒で間違いなく人生得します。


女の子にも持てるし、仕事をしていてもプラスが多いと思います。その為、イケメンは得してばかりでずるい!と思っている人もいるのではないでしょうか。


そして、9日放送の「フルタチさん」(フジテレビ系)で、経済アナリスト・森永卓郎氏が、少子化対策の一環としてイケメン税の導入を提案したことでも話題になっています。


なぜ結婚できないかというと、この本質はイケメンが女を独占しているから」だと持論を展開し、さらに合コンなどで良い思いをしているイケメンにごっそり課税して、その税金を「ブサメンやキモメンに分配」すべきだと主張したそうです。


確かに気持ちがわからなくもないですが、、、


ではイケメンでないと全くモテないのか?というとそうではないと思います。先日も、テレビを観ていたら、「明石家さんま主催 ならでは体験! THEコンプレッくすっ杯」(テレビ朝日系)で、FUJIWARA藤本敏史が、妻・木下優樹菜に関してグチをこぼす場面があり、木下優樹菜が旦那の着信画面を斉藤工にしていて、やっぱりイケメンがいい!と言っていました。


不細工を我慢してるなんて発言もしていましたが、、、でも、結婚できているんだから勝ち組です。


つまり、不細工でも美人と結婚するチャンスがあるのです。むしろ、不細工は必死さを出せるから、チャンスがあるのかも。


そして、イケメンではないのに普通の顔でもモテる男性の特徴3つが書かれたニュース記事が参考になるので紹介します。

○○は必須!?イケメンではないのに“なぜかモテる”男性の特徴3つ


イケメンではない男子にとっては、参考になる内容が書かれています。 

 

(1)テクニックの基本の押して引くが上手

まず一つ目ですが、これ、よく聞かれる技の一つですよね。女性は押しに弱いというもの。押しまくって、急にいなくなると寂しいのです。だから、とにかく褒めまくりましょう!「可愛い!やばい!」と毎日のように言ってあげて、ふといなくなると寂しくなるのかもしれません。


これは男性にも言えるかもしれないですけどね。

『押して引く!ベタだけどこの方法はほとんどの女性に通用する』(20代男性/商社勤務)

恋愛の基本中の基本。モテる男性は“押して引く”がとっても上手。

最初はとにかく“好きだ、会いたい”と毎日のようにシツコク押して押して、相手がその気になってきた時にサッと引く。モテる男性はこのさじ加減が絶妙なのです。

20代商社マン曰く、王道のテクニックだそうです。そして、押すときは少しじゃダメとのこと。しっかりと押しまくること、つまり、情熱が重要です。
長年の経験から培ってきたものなのか、天性のものなのか……押すタイミングを間違ってもいけないし、引くタイミングを間違ってもいけないのでベタだけど高度なテクニックを必要とします。
 
そして外見に自信がない男性ほど、引く前に押す方を忍耐強く頑張っている印象。少し押しただけで引く、ではむしろ嫌われてしまうので押す期間の長さを見極めるのも大切。


女の子は気持ちに弱いのがわかりますね。ちなみに男性はルックス重視が多いです。


(2)仕事ができる

これもある意味、王道ですよね。職場恋愛の割合が多いと言われていますが、仕事で頑張っている姿は魅力的に見えるものです。さらに、それが先輩となれば、間違いなく好かれるでしょう。

『仕事をテキパキとこなす男性はそれだけでイケメンじゃなくともカッコよく見える。やはり仕事がデキる男はモテる、というのは当然』(20代女性/会社員)

『名刺に代表取締役、社長とか書いてあるとそれだけで顔なんて全く関係なく自然にすごく好意的に接してしまい、肩書に弱い私に気付く……』(30代女性/歯科助手

以前の職場では、ダンディーなアラフォーが20歳のかわいい女の子と付き合っていました。しかも、その前は同い年くらいの結婚を約束した女性がいたにも関わらず。。。やっぱり男性は若いほうがいいみたい。

そうなんです、モテる男性は恋愛で女の尻を追っかけるよりもむしろ仕事の方に力を入れています。“仕事がデキると同時に女にモテる”ということも承知の上。

女性は男性のサバイバルスキルにキュンとくる傾向にありありますので、どんなにイケメンでも“フリーター”とか“万年平社員”では正直魅力を感じられないのです。
肩書ってその男性を何倍増しにカッコよく見せる要素としてすごく重要。

お金云々ではなく、“この人は社会で生きていける能力がある人だ”との視点で女性は相手に尊敬の念を抱け、それが恋心につながるのです。
女性の支配欲は付き合う男性の肩書で満たされる部分がある、ということ。

バリバリ仕事ができるのは女性にもてる条件の一つになりそうですね。ただし、職場に限定される可能性がありますが。バーテンダーや美容師などの仕事をしていたら、美味しい思いができそうですけどね。


(3)悩やみを聞いて解決できる能力

これも王道ですね。女性は優しい男性に弱いですからね。男性は女性に対して嫌らしい気持ちで近づくことが多いですが、女性は内面もしっかりとチェックしますから、そこが違うと思います。

『自分の悩みを真剣に聞いてくれる人ってどんな人であれまた会いたいなあ、と思ってしまう。そして聞いてくれるだけでなく、その悩みを解決してくれるスキルがある男であれば完全にホレる』(30代女性/事務職)

恋愛じゃなくても、人と人との付き合いに重要なのは“相手の話を聞ける能力”。
人はついつい自分の話ばかりをしてしまったり、自分ばかりの癒しを求めてしまいますが、モテる男性は女性側の話もきちんと聞いてくれます。

そして、ここにも書かれていますが、ただモテるには、聞くだけはダメとのこと。その為、普段から話術を磨くようにしたほうがいいかもしれないですね。

ただモテるには“聞くだけ”ではダメ。
聞くだけで終わると、それはそれで相手はスッキリしますが恋愛感情までには届かずただの都合のいい友達どまり。

重要なのは“相手の悩みに対して的確に答えられる頭の良さ”。
何か悩み事を相談されて、それを咀嚼して男性自身の言葉で解決してあげる……ここまでできる人が真のモテる男性。 
 

そして、モテる条件として、やっぱり信頼性を作ることだと思いますね。この人は私のことを本気で好きなんだとか、この人は信頼できると思わせたら勝ちだと思います。本当は勝ち負けの話ではないですが。


そもそも、モテたいと言っている時点でやましい心があるので、遊びすぎは要注意ですね。最近、テレビを観ていても思いますが、自分が大事にできる好きな人を見つけることが、人生を豊かに、そして幸せにするための最大の秘訣なのかもしれません。