ITよろづや

ITから生活の参考になる情報を備忘録代わりに残していきます

仕事にも影響?アラフィフ女性の記憶力の衰えによる物忘れ、老眼など

年齢を重ねていく怖さってあると思います。若いうちは、仕事がちょっと大変でも頑張れますが、年齢を重ねていくと残業時間がつらくなることがあります。


例えば、40を超えて徹夜とかになると疲労感もありますよね。


そして、年齢を重ねると、身体的に衰えていくこともあります。例えば、視力も低下しますし、他にも体力も低下します。


さらに、仕事にも影響するかもしれませんが、アラフィフ女性の記憶力の衰えによる物忘れ、老眼などがひどくなるそうです。

 
「忘れちゃったんですか?」は禁句 アラフィフ女性が向き合う「記憶力の衰え」


記事では、アラフィフの女性に対して、気遣いが必要という内容から説明されています。

50歳前後の女性に向かって「まさか忘れちゃったんですか??」なんて、ツッコミを入れないように。軽い気持ちで言った言葉が、彼女たちを深く傷つけることになるかもしれません。アラフィフ女性の多くが、記憶力の低下に悩んでいることがわかりました。
シニアより深刻に捉えているかも

そして、記事では、R&Dが発行した『R&D Around50レポート2017』によると、視力、握力、記憶力、歩く力、噛む力について、「身体の衰えにより不便を感じる割合」を女性に絞って年齢別に比べた結果、視力と記憶力がアラフィフ層で一気に上がっているとあります。
 


しかも、視力で不便を感じる女性は、35~44歳では約2割しかいないのに、45~54歳では一気に半数を超えます。老眼によるものが多いとのこと。


個人的に思っているのは、頑張れるうちに頑張ることが重要ということです。20代、30代はまだまだ、体に無理がききますので、勢いでなんとかなりますが、年齢を重ねるとだんだんと仕事などで無理ができなくなるので、あまりチャレンジになるようなことは避けるほうが無難かもしれません。


そして、ここにもありますが、記憶力が低下するそうです。その為、仕事をしている場合は、これが原因で問題が起こる可能性だってあります。例えば、「あれどうだった?」みたいなことが多々できる可能性があります。

意外だったのは、記憶力です。アラフォーの35~44歳では不便に感じている人の割合が10%台だったのに、45~54歳になると30%台まで跳ね上がります。上の世代である55~64歳、65~74歳の女性たちの方が記憶力で困っていそうですが、20%台という結果に。アラフィフ女性の方が「覚えられない」「忘れちゃった」と、不便を強く感じていることがわかりました。
 
アラフィフ女性は身体とライフステージの過渡期にあります。ホットフラッシュやイライラ、落ち込みなど、更年期による身体の変化が次々に現れる人も多いでしょう。

その為、周りもそうですが、物忘れがひどくなった場合は、自分自身でもメモをしっかりととるなど、注意が必要かもしれないですね。


ちなみに、私も記憶力がいいほうではないので、なるべくメモを残したり、しっかりと情報を残すようにしています。