ITよろづや

ITから生活の参考になる情報を備忘録代わりに残していきます

地方の面接で過去の話ばかり蒸し返す年配社員の会話が無駄で疲れた件

f:id:merrywhite:20200901074016j:plain


私は地元から東京へ状況して仕事をしていた過去があるのですが、将来に危機感を感じて、日雇い作業員から、IT業界に転職すべく、東京でこれまで仕事をしてきました。


背水の陣まではいきませんが、後ろは崖っぷちだったので、東京に行くとこに何の悩みもありませんでした。


そして、東京に上京して、紆余曲折ありながらも、約10年が経過しました。


私は派遣会社に勤めたおかげで、色んな企業で働くことができましたし、色んな人と仕事がする事ができました。


そういった経験からも、大手企業でも仕事ができない人や、人間性がひどい人も多くいる事を知り、逆に、中小企業でも、スキルの高い人や人間性の素晴らしい人がいる事に気づきました。


何が言いたいかというと、大手企業だから働きやすいという事もなければ、中小企業だから働きにくという事はないという事です。


実は、以前、某大手企業で働くことを夢みていました。


さぞかし、優秀な人が集まり、働きやすい環境かと思っていたら、現実は、想像とかけ離れていました。


実はそういった経験は何度も味わっています。


外から見るとよさそうな企業も実態は違うという事はよくあるのです。


そして、福岡で転職活動する中でも、ちょっと残念な気持ちになりました。


それは、ある中小企業で面接をした時に、一次面接は社長とする事になり、そこはいい雰囲気で終わりました。


そして、2次面接ですが、役員と技術のリーダーが面接官だったのですが、おそらく、私の経歴を見て、最初から落とすつもりだったのだと思いますが、やたらと、昔の話ばかりつついてくるのです。


ITの会社に転職するつもりなのに、なぜか、私の地元(広島)での会話ばかりしてくるのです。

 



例えば、「大学を出て、どうしてまともに就職活動していないのか?」とか、「どうして日雇い作業員なんかしているの?」とか、そして、私は転職回数が多いのですが、そこを集中的に突っ込んできました。


ここ最近の仕事の話を全くすることなく、履歴書、職務経歴書の弱みを散々、指摘されました。


言い方も、かなり嫌味な言い方をしてきたので、正直、途中で止めて帰らせてもらおうかと思ったのですが、そこは仕方なく、時間まで対応させてもらいました。


そして、その会社を出た時に、本当に嫌な気持ちになったし、こんな会社に入らなくて済むのは逆によかったと思いました。


こういった無駄な面接をするのであれば、正直、2次面接までする必要がないと個人的に感じました。


これまで、派遣会社にいた関係で、多くの面接を行ってきましたが、ここまでイライラしたのは初めてです。


向こう側の本音は分かりませんが、こんな面接は時間の無駄でしかないと思います。


会社によっては、古くからいる頭の固い、古株がいる会社があります。今回もまさにそうでしたが、自分の正当性を表現したいだけのトークは止めてほしいというのが本音です。


若い管理者にはあまりいませんが、50代前後の人の場合、なぜか説教を始める人がいます。


飲み会でも嫌われるタイプの人ですが、説教しても、その場は何もいい事はありません。面接して、不適格ならそれでいいのに、そこから、なぜか説教を始める訳です。


こいった事って、今も企業で普通にあるのではないかと思います。


時代はかなり変わってきて、そいった人は減ってはいますが、未だに存在するのは確かです。


日本はよくも悪くも長いものに巻かれろ文化があります。


その為、こんな上司いらない!という感情をもった人がたくさんいると思います。


こういった経験も、私の今度の人生において間違いなくプラスになります。


人生において、いい出会いも悪い出会いも、すべてが自分を成長させる糧になると思います。


いいものはドンドン吸収し、悪いものは反面教師にする事で、よりよい人生を送る事ができるようになります。 


今回の件で、また自分の人生をよりよくするために、大きく成長できた気がします。苦い経験こそが、そこから這い上がる強い気持ちを生みだしてくれますからね!

 

転職活動を検討しているならマイナビエージェントがおすすめです。リクナビindeedなどの転職サイト経由だと再就職手当がもらえません。こういったエージェントサービスを経由するともらえますので、転職まで少し時間がかかりそうという方はご注意ください。

 

マイナビエージェントへのアクセスはこちらから↓