ITよろづや

ITから生活の参考になる情報を備忘録代わりに残していきます

Red Hat Linux、CentOSで64bit、32bitを確認するコマンド、方法

最近、仕事でLinuxCentOSを操作する機会が増えてきました。特に地方の場合、守備範囲が広がるので、いろんな製品を触れないとダメですね。

 

そして、インストールした後の稼働中のRed Hat Linuxが32bit版なのか、64bit版なのか確認するコマンドがいくつかあるので、まとめてみました。


LinuxCentOSに限らず、確認方法って複数ある場合があります。

 

①getconf LONG_BIT
以下のコマンドを実行して、32と表示されれば32bit、64と表示されたら64bitです。

# getconf LONG_BIT
32


unameコマンドで確認する
以下のコマンドを実行して、i386と表示されれば32bit、x86_64と表示されたら64bitです。

# uname -i
i386

# uname -i
x86_64

 

ちなみに「uname -a」でも確認できますが、情報が色々と表示されるので、上記コマンドの方が分かりやすいです。


また、Red Hat Enterprise Linux リリースを確認するには、以下のコマンドを実行します。

# cat /etc/redhat-release


そして、カーネルのバージョンを確認するには、以下のコマンドを実行します。

# uname -a

 

こういったコマンドは意外と忘れてしまうので、備忘録変わりですね。後、CentOSLinuxはOSによってコマンドが変わる事があったり、使えなくなっていることもあるんで、注意が必要ですね。先日、CentOS7をMinimal版で入れて、ifconfigが使えなくて焦りました。パッケージを入れればOKなんですけどね。

 

新しいLinuxの教科書

新品価格
¥2,822から
(2020/7/23 15:42時点)