ITよろづや

ITの参考になる情報を備忘録代わりに残していきます

vCenterServer5.5の構築時に(警告 30214、エラー25003)でインストールに失敗する件

vCenterServer5.5のインストール中にエラー(警告)メッセージが表示され、インストールが中断される事象に遭遇しました。


環境としては、

・vCenter Server5.5 U2Windows Server 2012 R2)
SQL Server 2012(Windows Server 2012 R2)
※vCenterとSQLは別の仮想マシン上にインストール。


インストールが中断されるので、当然のことながらインストールが完了しません。まず、最初に発生した警告内容は以下です。

”警告 30214。Phone Homeデータコレクタのユーティリティを正しく実行できませんでした。詳細は、システム一時フォルダにあるログファイル(phoneHomeという名前)およびvminst.logを参照してください。この機能は、インストール後にアプリケーションユーザーインターフェースによって有効または無効にすることができることをご注意ください。”


このメッセージは、vCenter Orchestratorがインストールされているメッセージが表示された後くらいに発生します。ログをチェックしたのですが、明確な原因がわからず、キーワード検索してもそれらしい情報は得られず。


そして、SQL側の設定を色々と変えて、再度、インストールを開始すると、違うエラーに遭遇。


”エラー25003。セットアップ中に、vCenter Serverリポジトリの作成に失敗しました。この失敗の一般的な原因は次の通りです。
-データベースが大文字と小文字を区別しないモードでインストールされている。
-データベースがリモートでクライアントのバージョンがデータベースのバージョンと一致しない。
詳細については、VMwareナレッジベース(http://kb.vmware.com)で「エラー25003」を検索してください。”


VMwareナレッジベースで検索してみましたが、これも原因解決につながらず。そこで、英語圏で検索していると、以下の内容を書いている記事を発見。


”Workaround: In these circumstances, use the same login credentials for vCenter Server and for the SQL Server DSN.”


ということで、ODBCの設定で、Windows認証ではなく、vpxuserユーザーに変更したところ、上記の二つの警告、エラーは表示されなくなり、インストールが無事完了しました。


vCenterServer5.5はまさか、インストールでトラブルとは思いませんでした。ちなみに、同一マシン上にSQLExpressで構築した場合は、特に問題は発生しませんでした。SQLを別マシンに構築すると、構築難度がグッと上がりますね。