よろづやアンテナ

ITから生活の参考になる情報を備忘録代わりに残していきます

Deep Security9.5でオフライン環境でセキュリティアップデートする方法

Deep Securityを構築している時に、インターネットに出れない環境では、すぐにセキュリティアップデートできない場合があります。


その場合、セキュリティ的にも問題がありますし、動作確認もできない場合があります。


そこで、オフラインでもセキュリティアップデートする方法があります。詳細は以下の公式サイトを確認してもらうとOKです。

>>
オフライン環境でのアップデート方法(トレンドマイクロ)

インターネットに接続できない環境 (オフライン環境) 上でのセキュリティアップデートには、インターネットに接続可能な環境上に Deep Security Manager (以下、DSM) / Deep Security Relay (以下、DSR) を構築し、アップデートバンドルを作成した上でオフライン環境上の DSR へインポートします。

Windows版DSA9.5を新規インストールした場合:
<C:\Program Files\Trend Micro\Deep Security Agent>

Windows版DSA9.5をアップグレードインストールした場合:
<C:\Program Files\Trend Micro\Deep Security Relay>

Linux版DSRの場合:</opt/ds_agent>


Windowsに構築する場合は、DSRの以下の場所に「dsupdate_xxxxxxxxxx.zip」を配置します。

C:\Program Files\Trend Micro\Deep Security Agent
 

また、この手順を実施した場合の注意点ですが、インターネットに接続できるようになったら、上記に配置したファイルを削除してください。

 
DSR自体が引き続き、上記ファイルを優先して参照する事があります。


そして、セキュリティアップデート自体が失敗する場合は、環境できちんと外部に接続できてるかを確認します。


実際に外部にアクセスするDSRなどで参照先のURLを入力して問題ないかを確認すればOKです。

 

H-45-B ソファーのすべり止めゴムマット(4枚) 6031h