ITよろづや

ITから生活の参考になる情報を備忘録代わりに残していきます

GoogleChromeでvSphereWebClientに接続すると仮想マシンコンソールが起動できない

Google ChromeでvSphere Web Clientに接続すると仮想マシンコンソールが起動できない事象が発生する場合があります。


これは、vCenter5.Xの環境で発生する事があるのですが、これは既知の事象になります。


この問題に関するVMwareの公開情報は以下になります。

>>vSphere 5.x 環境で、スタンドアロンの VMware Remote Console (VMRC) をダウンロードしてインストールする方法 (2092065)


このたび Google Chrome において Netscape Plug-in API (NPAPI) のサポートが非推奨となったため、Chrome ブラウザを最新バージョンにアップデートすると、vSphere Client 統合プラグインで提供している仮想マシンコンソールが機能しなくなる可能性があります。



これは、最新のGoogle ChromeでNPAPIが入っていない為に発生する問題になります。


この問題を解決するには、VMRCをインストールして利用します。

NPAPI が非推奨となったことに伴い、VMwareVMware Remote Console (VMRC) を vCenter Server 5.5 Update 2b 以降のバージョンに同梱されている VMware vSphere Web Client と合わせて使用することのできる Windowsスタンドアロンアプリケーションとしてリリースします。

VMware は vCenter Server 5.5 Update 2b において、VMware vSphere Web Client 内で [VMRC で開く] と [VMRC のダウンロード] と呼ばれる 2 つのリンクを提供することにしました。


VMRCは以下のリンクからダウンロードすることができます。

>>Download VMware Remote Console 8.0.0


ちなみに、VMRC自体にも動作的に問題が発生する場合があります。また、IEでもローカルイメージがマウントできないという事象が発生します。


IEの場合はエンタープライズモードを有効にして、vCenterに接続するときにだけIE8との互換モードで動作するようになり、正常にローカルイメージをマウントする事ができるようになります。