ITよろづや

ITから生活の参考になる情報を備忘録代わりに残していきます

システムエンジニアで新人、未経験が技術力不足を補うのは人間性

f:id:merrywhite:20210820001130j:plain


私は現在、システムエンジニアの仕事をしていますが、この業界に飛び込んだのは、20代後半でした。


それまでは、大学を卒業してから日雇いの建築作業員として、夢を追いかけていました。しかし、20代の半ばを過ぎてから、将来の不安が日々、増すようになりました。


そして、当時、不況のあおりを受けて、地元では建築業界の仕事は減る一方でしたので、何か自分を変える事ができる仕事をしたいと考えるようになりました。


そして、後輩の影響で、基本給15万円スタートで、IT業界に転職する事にしたのです。


その時は、パソコンの操作は全くできずに、「shutdown」の意味すら知りませんでした。最初の会社はネットワークエンジニアを目指す人が多かったので、CCNAを勉強していたのですが、私の場合は、まずパソコンの操作を憶える事からスタートしました。


しかしながら、パソコンの操作もできないだけでなく、業界の用語も理解できなかったので、最初はかなり苦労した事を憶えています。


その中で、私が仕事の中で意識し続けた事は、 技術力がないので、人間性を重視して仕事をしてきました。


では、具体的に実践してきた事はというと、

・受けた仕事はこだわりを持つ
・自分の個性を出す
・仕事ができない中でも自分の意見をはっきりと言う
・自分のスキルに対しては常に謙虚 


私は技術力ゼロからスタートして、これまで多くの大手企業で仕事をさせてもらいましたが、これまで大きな失敗をする事もなく、様々な評価をもらうことができました。


これもすべて、自分という人間を知ってもらい、気にってもらったからだと思っています。もちろん、仕事をしていく中で、最善は尽くしてきましたし、努力も惜しみませんでした。


それでも、スキル、経験不足により、周りのエンジニアの方には、これまで多くを助けてもらってきました。逆に、それがなければ、今の実績はありえません。


そして、この9年間を振り返ってこう考えるのです。


自分だけの力で仕事なんてできないのに、多くの人は自分がいたおかげで仕事が完了したと勘違いします。しかし、最初はだれでもヨチヨチ歩きで、会社の上司、先輩、同僚、そして後輩のおかげで仕事を完了させ、人間的にも成長する事ができているのです。


その本質を考えれば、おのずと、小手先の技術よりも、人間性を重視するのは当然のことだと思います。


私は、「どんな人と仕事をしたい?」と聞かれたら、もちろん技術力もチェックしますが、前提として、人間性を必ずチェックします。これをスルーして、技術力だけで判断する事はありません。


先日も、某大手メーカーの打ち合わせをしてきたのですが、シニアエンジニアの方が言っていたのは、「長く一緒に仕事をする為に、人間性がやっぱり重要」でした。


私も同感で、技術を前面に出す人よりも、人間性を大切にしたいと思っています。それは、これまで人間性が出来ていない人と仕事をしてきて、嫌というほど、面倒な事になったからです。


過去の記事でも書いていますが、私がこの業界を辞めようと思ったきっかけも、すべて人でした。そして、逆にこの業界に残ろうと決意できたのも人でした。つまり、仕事の内容ではなかったのです。


それに気づいて、私は他の業種に「青い鳥」を探している事に気づいて、人生が一変したのです。


仕事において、本質は小手先の技術などではなく、人間性である。この事に気づくかどうかで、仕事が楽しくなるか、そうでないかが決まってくると思います。

 

 

転職活動を検討しているならマイナビエージェントがおすすめです。リクナビindeedなどの転職サイト経由だと再就職手当がもらえません。こういったエージェントサービスを経由するともらえますので、転職まで少し時間がかかりそうという方はご注意ください。

 

マイナビエージェントへのアクセスはこちらから↓