ITよろづや

ITから生活の参考になる情報を備忘録代わりに残していきます

ゲストOS側でESXiとの時刻同期をコマンドで確認、無効にする方法

ゲストOS側でESXiとの時刻同期をコマンドで確認、無効にする方法 を紹介します。


VMwareでは、ゲストOSの時刻同期はNTPを推奨していますね。正確な時刻同期が必要なゲストOSはNTPを設定するのが望ましいです。


また、ゲストOS側で時刻同期を無効にする方法は以下のVMwareの公式サイトが参考になります。

>>ゲスト OS とホスト OS 間の時刻同期の構成(VMware)


ちなみに、定期的な時刻同期をオンにすると、VMware Tools はゲスト OS の時刻をホストの時刻と同じに設定するようになり、時刻同期の発生後、VMware Tools は 1 分に 1 回ゲスト OS の時計がホストの時計に一致しているかどうかを確認します。一致していない場合は、ゲスト OS の時計がホストの時計と一致するよう同期がとられます。


また、VMware Tools の定期的な時刻同期がオンになっているかどうかには関係なく、特定の操作を実行すると、時刻同期が行われます。

VMware Tools デーモンを起動したとき (再起動やパワーオンの操作中など)
サスペンド状態の仮想マシンをレジュームするとき
■スナップショットに戻した後
■ディスクを圧縮した後



【時刻同期の確認、無効化手順】

①ゲスト OS でコマンド プロンプトまたはターミナルを開きます。
VMware Tools のインストール ディレクトリに移動します。

OS デフォルトのパス
Windows C:\Program Files\VMware\VMware Tools
Linux および Solaris /usr/sbin
FreeBSD /usr/local/sbin
Mac OS X /Library/Application Support/VMware Tools
   
 
③次のコマンドを入力して、時刻同期が有効になっているかどうか確認します。
><utility-name> timesync status

オペレーティング システム プログラム名
Windows VMwareToolboxCmd.exe
LinuxSolaris、および FreeBSD vmware-toolbox-cmd

例えば、Windowsの場合は、

>VMwareToolboxCmd.exe timesync status

Linuxの場合は、

>vmware-toolbox-cmd timesync status
 

④次のコマンドを入力して、定期的な時刻同期を有効または無効にします。
<utility-name> timesync <subcommand>
<subcommand> には、enable または disable を使用します。

例えば、Windowsの場合は、


>VMwareToolboxCmd.exe timesync diable

Linuxの場合は、

>vmware-toolbox-cmd timesync disable 


また、サイトにもありますが、定期的な時刻同期を無効にしても、すべての VMware Tools 時刻同期が無効になるわけではありません。



その為、時刻同期を完全に無効にしたい場合は、以下の手順を実行します。

●vSphere Client を使用して構成パラメータを追加する
①vSphere Client のインベントリで仮想マシンを選択し、パワーオフします。
②[サマリ] タブで、[設定の編集] をクリックします。
③[オプション] タブをクリックし、[詳細]の [全般] をクリックします。
④[構成パラメータ] をクリックしてから [行の追加] をクリックして、次の情報を追加します。
名前
tools.syncTime 0
time.synchronize.continue 0
time.synchronize.restore 0
time.synchronize.resume.disk 0
time.synchronize.shrink 0
time.synchronize.tools.startup 0
time.synchronize.tools.enable 0
time.synchronize.resume.host 0


●vSphere Web Client を使用して構成パラメータを追加する:
①vSphere Web Client のインベントリで仮想マシンを選択し、パワーオフします。
仮想マシンを右クリックし、[設定の編集] を選択します。
③[仮想マシン オプション] タブをクリックします。
④[詳細] オプションを展開します。
⑤[構成パラメータ] で、[構成の編集] をクリックします。
⑥[行の追加] をクリックし、次の情報を追加します。
名前
tools.syncTime 0
time.synchronize.continue 0
time.synchronize.restore 0
time.synchronize.resume.disk 0
time.synchronize.shrink 0
time.synchronize.tools.startup 0
time.synchronize.tools.enable 0
time.synchronize.resume.host 0


他にも仮想マシンの .vmx ファイルに構成オプションを追加する方法がありますが、vSphere Web Client、vSphere Clientで設定したほうが分かりやすいと思います。