ITよろづや

ITから生活の参考になる情報を備忘録代わりに残していきます

脱中年太り!筋肉量を増やして太りにくい体作りをしましょう

年齢を重ねて思うのが、若さの秘訣の一つはスタイルも重要であるという事です。


先日、広島に帰省して久しぶりに知人と飲んだのですが、その中の一人はかなりのイケメンで、周囲でも有名でした。


しかし、家庭ができ30代に突入してから、以前よりも太ってしまい、印象がガラッと変わってしまいました。


私も昔はジャニーズ系と言われましたが、今は以前よりも少し体重が増えている関係で、褒められる率が減りました。


また、以前、仕事で仲良くなったあるメーカーの社員さんと飲んだのですが、前回飲んだ時はかなりやせていたのに、別人のように太っていました。


かなり太った話をしたら、「年取ったらもうやせれないよ」と発言していました。


なんとなく気づいたのですが、年齢を重ねるとみんな痩せる事をあきらめている人が多いのではないかと思いました。しかし、太る事で外見は一気に変わってしまい、私の考えるアンチエイジングにおいては、太りすぎは絶対にマイナスなのです。


例えば、私が学生時代に好きだったハリウッドスターの「ブラッド・レンフロ」。


デビュー時は絶世の美形を言われた彼ですが、晩年は薬物などの影響かかなり太ってしまいます。

f:id:merrywhite:20210622083421j:plain


 

f:id:merrywhite:20210622083633j:plain



目元はかっこいいですが、やはり太ってしまうと別人ですね。


そして、ディカプリオも若いころは美形としてもてはやされていましたが、今は2重アゴが気になります。

 

f:id:merrywhite:20210622083809j:plain


 

f:id:merrywhite:20210622083850j:plain



年齢を重ねると、ダメなのか。。。と思ってしまいますが、トム・クルーズなんかはいまだに若いし、やはり見た目を気にするかどうかは重要だと思います。


個人的に、何も意識せずに生活をしていると、年齢と共に筋肉量、基礎代謝も減り、太りやすくなっていきます。


そして、それを放置していると、中年太りで、腹回りもひどい事になり、結果的にそこから抜け出すのが難しくなります。


そこで、オススメなのが家でもできる”筋トレ”です。


最近は、時間があるので頑張って筋トレしているのですが、これにより筋肉量が増え、基礎代謝も増えるので、必然的に痩せてきます。


また、これにより嬉しい事は、痩せる事もそうですが、食べても太りにくくなるという事です。


では何をしているかというと、器具も何も使わずに、ひたすらスクワットとふくらはぎを鍛えています。


なぜ、この二つかというと、筋肉の多くは下半身に集まっているからです。つまり、下半身を鍛える方が、体全体の筋肉量を増やしやすいからです。


実際、ここ数日でお腹周りはだいぶすっきりしてきました。後、スクワットを繰り返して思ったのですが、意外と体全体の筋肉を使います。


この二つは器具もいらないし、場所も選ばないので、すぐに誰でも始める事ができます。


また、シンプルなので、テレビを見ながらとか、歯磨きをしながらとか、何かと一緒にやると続けやすいです。


数を増やせばかなりやせやすい体になると思います。ちなみに、最初はスクワット10回で結構大変でしたが、今では50回連続もできるようになりました。


ブログといっしょで継続すると、成長していきます。


ただ、これだけだとライザップのような体は難しいと思いますので、CMのように別人になってみたい人は、ライザップもありかもしれません。

【ライザップ公式サイト】
30日間無条件全額返金保証/ライザップ


結局、ダイエットって自分との闘いですから、自分で痩せれない人っていうのは、理由づけがないと変わらないと思いますね。


また、たまに出会うのですが、顔がすごく美形なのに太っている女性。周りから「痩せたら絶対にかわいい!」と言われているのに、痩せないのは個人的にすごくもったいないと思うのですが、、、


余計なお世話かもしれませんが、やはり太り過ぎは色んな点でマイナス要因が多すぎると思います。


ちなみに、本気でダイエットに取り組むなら、上記運動だけでなく、バランスのいい運動とか、バランスのいい食事を取り入れるほうがいいと思います。


私は実験的に、下半身を鍛えまくるだけで痩せられるのか?という実験をやっている事もあるので、食事は今までと全く変えず、お酒も普通に飲んでいます。


年齢を重ねると、外見をだんだん気にしなくなると思いますので、いつまでも若い見た目、もしくは実年齢より一回り若い外見をキープし続けたいものです。