ITよろづや

ITから生活の参考になる情報を備忘録代わりに残していきます

windows server 2008でネットワークの設定後に再起動したらデフォルトゲートウェイが消える

以前、ミドルウェアの構築をしていて経験したのですが、Windows Server 2008IPアドレスの設定をした後に、再起動を実施した後に、デフォルトゲートウェイの設定が消える現象に遭遇しました。


何度設定しても、再起動するとデフォルトゲートウェイが消えてしまいます。


この原因は、デフォルトゲートウェイのアドレス情報がレジストリに書き込まれるのですが、改行されて書き込まれるバグで、改行を削除すれば、再起動しても事象は発生しません。


同様の参考情報は、以下です。

>>[Vista SP2] FAQ: 固定 IP アドレスの設定をして、再起動するとデフォルトゲートウェイの設定だけが失われる。 (IPv4)

1. 以下のいずれかの方法でレジストリエディタを起動します
・スタートメニューの検索欄に regedit と入力しEnter
Windowsキー + Rキーなどで、ファイル名を指定して実行を起動し、regedit と入力し[OK]する
2. HKEY_LOCAL_MACHINE\System\CurrentControlSet\Services\Tcpip\Parameters\Interfaces\{GUID}キーを開きます
3. DefaultGatewayエントリの値を確認し、1行目に空白行があれば1行目を削除します
4. レジストリエディタを終了し、コンピュータを再起動します


Windows Server 2003はすでに利用している企業は少ないと思いますが、2008はいまだに現役で活躍していることもあると思いますので、久しぶりに触って同様の事象が発生した場合は、参考にしてみてください。


ちなみに、試していませんが、マイクロソフトから以下のKB情報も出ています。


>>Windows Vista または Windows Server 2008 以降の OS で、意図した IP アドレスやデフォルト ゲートウェイが割り当てられない場合がある

現象
Windows VistaWindows 7Windows Server 2008Windows Server 2008 R2 で、IP アドレスやデフォルト ゲートウェイ (Default Gateway) を設定しようとすると、意図した設定値が割り当てられない場合があります。

この回避策の場合、レジストリを操作する必要がありません。 
回避策
この現象を回避するには、以下のコマンドを実行し、不整合が発生している状況を解消してください。 コマンドを実行後、設定されていた IP アドレスやデフォルト ゲートウェイは、既定の状態に戻りますので再度設定を実施してください。 

netsh interface ip reset
 
動作確認していませんが、これで事象が発生しなくなれば、レジストリを操作するリスクがなくなるので、こちらのほうがオススメですね。